たまプラーザ くつまこどもクリニック

  • 神奈川県横浜市青葉区美しが丘
    2丁目14番4号 KMビル2階

たまプラーザ くつまこどもクリニック

MENU

ブログ

2021年 7月19日~24日 感染症状況


2021/7/24  今週の感染症状況です。(先週⇒今週)

A群β-溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症(36⇒77)

マイコプラズマ感染症(1⇒0

ヒトメタニューモウイルス感染症(0⇒0

急性胃腸炎(17⇒22)

インフルエンザA型(0⇒0

インフルエンザB型(0⇒0

RSウイルス感染症(36⇒25)

アデノウイルス感染症(プール熱、はやり目)(7⇒6

伝染性紅斑(りんご病)(0⇒0)

手足口病(0⇒0)

ヘルパンギーナ(0⇒0)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)(0⇒0

水痘(みずぼうそう)(0⇒0

麻疹(はしか)(0⇒0)

風疹(0⇒0)

の感染症の疑いのあるお子さま(水ぶくれを伴う発疹がある、顎の下が腫れて痛がる、熱が3日程度続いた後発疹が出始めた、など)は受付へ必ずお声掛け下さい。別室へご案内致します。

神奈川県の感染症発生状況も併せてご覧ください。

感染症♡予防接種ナビはご家族向けに専門家が監修した信頼できる情報サイトです。様々な感染症についてわかりやすく説明されていますのでご興味のある方は是非ご覧ください。

 

☆新型コロナウイルス感染が疑われる患者様は、

『新型コロナウイルス感染症 帰国者・接触者相談センター 045-550-5530』

へご連絡をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について、横浜市のWEBページ

小児の新型コロナウイルス感染症に関するQ&A 日本小児科学会

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状 日本小児科学会

☆新型コロナの影響で毎日ストレスの多い状況が続いていると思います。日本小児科学会からも子どもたちが大変なストレスの中にあり、「頑張っているみんなへ」とメッセージを発信しています。ぜひ一度お読みになってみてください。ご家族もこのストレスのなか、育児に、家事に本当に頑張っていらっしゃいますね。

☆より皆様に安心してご来院頂けるよう、院内清掃・消毒の徹底、各部屋に空気清浄機・強制換気を常に行っております。また、当院ではクリニック内全体を『デルフィーノ』にて抗菌・抗ウイルス・消臭コーティングしています。スタッフ全員毎朝検温をし、ゴーグル、マスクを着用し、手指消毒を徹底しています。一日2回、院内清掃を行っております。・3/7に業者による定期清掃と、今年もデルフィーノにて院内丸ごと抗菌コーティングを行いました。近日ブログ等にてコーティングの様子をお伝えします。

2歳までに接種する予防接種は最優先事項です。幼児がかかると重症化する病気はワクチンでなければ防げません。当院では予防接種/乳幼児健診専用の時間帯を設けています。又、院内感染対策も引き続き行ってまいりますので、予防接種を後回しにせず、積極的に接種をお願いします!接種時間、曜日も出来る限りご希望に沿いたいと思いますのでお電話でお問い合わせください。土曜午前も承ります。

☆院内でお待ちいただく時間を少しでも短くするため、月曜、火曜、金曜日 14:30からの予防接種、乳児健診は、医師が二人(2診体制)で対応させていただきます。私、院長と、優しい女性の医師です。(医師紹介のページに写真とメッセージがあります!ぜひ、ご覧ください。)そのため、申し訳ございませんが、担当医師の選択はご遠慮いただいております。ご理解とご協力をお願い申し上げます。気になることは遠慮なくご相談くださいね。

 

 

・RSウイルス感染症が多い状態が続いています。園内、家庭内で感染が拡大しています。熱が長引く場合があり、上がり下がりしながら長いと7日以上熱が続くことがあります。残念ながら特効薬がなく、また、中耳炎の合併が多いので一度熱が下がったのに、また高熱が出た、耳を気にする、ぐずりが強い等の症状は中耳炎かもしれないので注意が必要です。1歳未満のお子さまがいらっしゃるご家庭では御注意願います。生後3か月未満のお子さまが38度以上の熱が出たら、夜中でも休みでも待たずに受診をお願いします。また、飲まない、食べない、眠れない、ぐずりが強いや、泣く元気がなくぐったりしているように見えるときも受診をお願いします。お子さまがRSにかかると夜眠れなくなることが多いので、ご両親も寝不足になりがちです。看病大変だと思いますが、何か気になることがあれば、遠慮なく仰ってください。

・溶連菌も多数見られます。RSウイルスとの混合感染も散見します。引き続きご注意ください。熱がなくても、腹痛や湿疹だけの場合もあります。家族内感染も多く見られます。のどが痛い、熱が出た、嘔吐した、目が赤い、舌が赤いなどの疑わしい症状が出始めたら注意が必要です。

・アデノウイルス(プール熱)がじわじわと増えてきています。基本熱以外の症状がなくて、午前中元気、午後高熱でぐったりするような場合、疑います。特効薬がなく、自然に治りますが、解熱後二日間は自宅待機、登園許可証が必要になることが多いです。

・子どもたちのストレスも相当なものだと思います。このコロナ禍は子どもたちに多くの負担を背負わせてしまっています。お父さん、お母さんからのスキンシップが子どもたちの緊張やストレスを和らげます。いっぱいいっぱいハグしてあげてください。そして不安や緊張を解いてあげてくださいね。院内でお待ちいただく際ご利用頂きたい、絵本やおもちゃをいつでも復活できるよう、本やおもちゃもデルフィーノで抗菌・抗ウイルスコーティング済です。

・育児に、家事に、お仕事に、世のお母さん方は本当にすごく頑張っていらっしゃいますね。お子さまの体調で気になることがあれば遠慮なくお気軽にご相談ください。