たまプラーザ くつまこどもクリニック

  • 神奈川県横浜市青葉区美しが丘
    2丁目14番4号 KMビル2階

たまプラーザ くつまこどもクリニック

MENU

ブログ

7月29日~8月3日 感染症状況


A群β-溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症(5)

マイコプラズマ感染症(1)

ヒトメタニューモウイルス感染症(2)

急性胃腸炎(12)

インフルエンザA型(0)

インフルエンザB型(0)

RSウイルス感染症(20)

アデノウイルス感染症(0)

水痘(みずぼうそう)(0)

伝染性紅斑(りんご病)(0)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)(0)

手足口病(8)

ヘルパンギーナ(1)

神奈川県の感染症発生状況も併せてご覧ください。

感染症♡予防接種ナビはご家族向けに専門家が監修した信頼できる情報サイトです。様々な感染症についてわかりやすく説明されていますのでご興味のある方は是非ご覧ください。

・今週はとにかくRSウイルスがたくさんみられました。咳と鼻水から始まり、午後から急に発熱、その後、上がったり下がったりを繰り返し、長いと5日間ほど熱が続く、治療薬がない呼吸器感染症です。親にもうつります。親は軽い鼻風邪で終わることが多いですが、親子間で、兄弟間での感染が多く、乳幼児とくに生後3か月未満のお子さまが感染すると重症化するリスクが高く、熱の有無にかかわらず、ゼイゼイして飲めない、眠れない、ぐったりしてきたは受診のサインです。生後1か月未満のお子さまは突然死につながる無呼吸を起こす可能性がありますので、特に注意が必要です。RSウイルスは夜悪くなる傾向があります。医療機関が閉まっている時間帯に状態が悪くなると、救急外来へ行くのも少しためらわれるかもしれませんが、ためらってはいけません。飲めない、眠れない、ぐったりしているは夜間救急を受診してください。

少しでも早くよくなるよう、診察、治療してまいりますので、お気軽にご相談くださいね。