たまプラーザ くつまこどもクリニック

  • 神奈川県横浜市青葉区美しが丘
    2丁目14番4号 KMビル2階

たまプラーザ くつまこどもクリニック

MENU

予防接種

MEDICAL予防接種

予防接種

当院の予防接種に対する考え方

積極的に接種をお勧めしています。予防接種の意義は、うつらない、うつさないです。
予防接種のある病気の多くが、かかると治療法がない、かかると重症化する、かかると後遺症が残る心配のある病気がほとんどです。
予防接種はそれらの病気にかからないようにする、かかっても重症化しないようにするためのものです。そして、お友達にうつさないこともとても大切な意味があります。
元気に大きくなるために、定期接種、任意接種にかかわらず、出来るものをどんどんやっていきましょう。お子様が大きくなったとき、自分の母子手帳を見て、ワクチンがしっかりされていると、親の愛情を感じるものです。

同時接種とは

二種類以上の予防接種を同じタイミングで注射する場所を変えて行う方法で、世界中で行われています。効果や安全性は単独接種の場合と変わらず、日本小児科学会でも同時接種を推奨しています。予防接種の種類が増えており、単独接種と比べ、通院回数が減り、予防できる病気も増えるため効果的です。

スケジュール

生後2か月から接種が始まります。インターネット予約システムからも次に接種する予防接種がわかりますが、悩んだり、迷ったらお気軽にご相談ください。

受けられない方

  • 母子手帳を忘れた方
  • 37.5度以上の熱がある方

予防接種後の注意点

接種前後30分は授乳や飲食を控えてください。まれに、接種後30分以内にぐったりする、ゼイゼイする等の症状が出ることがあるので、症状が出た場合、すぐにクリニックに戻ってこられる場所にいてください。また、大きいお子さんには、迷走神経反射による失神が起こることがありますので、接種後しばらくの間は体調の変化にご注意ください。

4種混合ワクチンとMRワクチンが、副反応で熱をだす割合が最も高く、約6人に1人という報告があります。インフルエンザワクチンには、微量の卵白が含まれています。鶏卵を食べてアナフィラキシーを起こしたことがある人は、接種はできません。MR、おたふくかぜ、水痘、麻疹、風疹の各ワクチンは、少量ですがカナマイシンやエリスロマイシンという抗生物質を含んでいます。これらの抗生物質にアレルギーのある方は接種できません。妊婦への生ワクチン接種は認められていません。また、接種後2か月は避妊が必要です。

指定された接種期間内に定期接種を受けられなかった場合、接種できる期間が延長できる制度があります。
詳しくは保健所に問い合わせてください。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

横浜市の予防接種についてはこちら

MEDICAL当院で受けられる予防接種(ワクチン)

定期接種

  • ヒブワクチン
  • 肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 4種混合
  • 水痘
  • 日本脳炎
  • 2種混合
  • MR(麻疹風疹混合)
  • BCG

任意接種

  • ロタウイルス(ロタテック・ロタリックス)
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • 麻疹
  • 風疹

MEDICALご持参いただくもの

  • 母子手帳
  • 予診票
  • 健康保険証
  • 乳児医療証
  • 母子手帳と予診票は必ずお持ちください。お忘れの場合には接種できませんのでご注意ください。
  • お父さま、お母さま以外のご家族(おじいさま、おばあさま、おじさん、おばさんなど)が付き添いでお越しになる場合、委任状が必要になりますので、ご注意ください。