たまプラーザ くつまこどもクリニック

  • 神奈川県横浜市青葉区美しが丘
    2丁目14番4号 KMビル2階

たまプラーザ くつまこどもクリニック

MENU

ブログ

8月5日~10日 感染症状況


A群β-溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症(11)

マイコプラズマ感染症(3)

ヒトメタニューモウイルス感染症(1)

急性胃腸炎(15)

インフルエンザA型(0)

インフルエンザB型(3)

RSウイルス感染症(11)

アデノウイルス感染症(1)

水痘(みずぼうそう)(0)

伝染性紅斑(りんご病)(0)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)(0)

手足口病(8)

ヘルパンギーナ(2)

神奈川県の感染症発生状況も併せてご覧ください。

感染症♡予防接種ナビはご家族向けに専門家が監修した信頼できる情報サイトです。様々な感染症についてわかりやすく説明されていますのでご興味のある方は是非ご覧ください。

・インフルエンザB型が出ましたが、流行はなく、周囲での感染者がいた方のみでした。周囲での感染状況にご注意ください。

・先週に続き、様々な感染症がみられます。感染予防をお願いいたします。

感染症3要素①感染源②感染経路③感受性のある人 の3つをさします。この3つのつながりを断つことができれば感染を予防できます。

感染源とは病気の原因である細菌、ウイルスのこと、

対策は、早期発見、早期治療、身の回りを清潔に保つことです。

感染経路は、体内に入りこむ経路のことで、空気感染、接触感染、飛沫感染のこと、

対策は、標準予防策とされる、手洗い、うがい、マスクの着用、嘔吐物や便、血液など感染源に直接触れないことです。

感受性のある人とは、感染する可能性が高い人、つまり乳幼児や高齢者、基礎疾患のある方のこと、

対策は、十分な栄養と睡眠をとること、それから予防接種です。